マーケティング戦略を取り入れた
広報・広告宣伝マネジメント会社
PEACE NET

お電話のお問合わせはこちらから055-242-7643

お問い合わせ

seminar

VUCA時代をどう生き抜く!? セミナー開催のご案内

①企業理念は必要ない!?

【企業理念】とは、企業が何のために活動を行うのかを指したもので、掲げることがゴールではありません。会社の目的や存在意義、使命を表現したものを、従業員一人ひとりの「行動」に落とし込み、浸透させなければなりません。企業理念は基本的には内向き(組織内部に向けた)のもので、理念から戦略への落とし込みが最も重要です。従業員の意識統一が出来ていなければ、どんな戦略も戦術も効果はありません。

②PDCAサイクルは古いのではなく遅い!

日本企業では品質向上の技法としてPDCAサイクルが重視されてきました。しかし、変動し不確定で複雑そして曖昧なVUCAの時代には、PDCAでは対応が後手になったり不十分になりがちです。そこで新たに注目されているのが「OODAループ」という思考法です。「OODAループ」は変化に柔軟かつ迅速な対応が可能な思考法と言われています。

経済産業省が発表した「2025年の崖」とは?

【2025年の崖】とは
多くの経営者が、将来の成長、競争力強化のために、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネス・モデルを創出・柔軟に改変するDXの必要性について理解しているが・・この課題を克服できない場合、DXが実現できないのみでなく、「2025年以降、最大12兆円/年(現在の約3倍)の経済損失が生じる可能性がある。」と警告しています。

VUCA時代に必要なCXとは?

コロナ禍をきっかけに消費者の行動や考え方は大きく変化しました。しかし、コロナ前と変わらないことは、自社の商品やサービスは顧客に対してどのような良質な体験をもたらすことができるのか?ということです。企業理念もOODAループもDX・AIも、全ては顧客視点抜きには成し遂げられないものだからです。事業価値の本質に立ち返ることが重要です。


日付 2021年10月7日 木曜日
時間 19:00〜20:00
会場 甲府商工会議所5階